MMツインの妊娠出産記録と子育てブログ

[ワンオペ育児]ワーママ妊婦の妊娠中の乗り切り方

仕事をしながらのワンオペ育児、結構大変ですよね。

共働きで夫婦ともに仕事をしているのにも関わらず、さらに育児全般も同時にこなさなければいけないママは多いと思います。

女性にとっての負担が大きい世の中です。

さらに二人目を妊娠した時の大変さといったら男性には想像もつかないでしょうね。

【体験談】妊娠中の生活

私は9時〜17時で仕事をしながら、常にワンオペ育児をしていました。

上の子が2歳の時に、双子を妊娠しました。

しかも丁度、妊娠がわかったタイミングで旦那が単身赴任に行くことになったのです。

ひとりで上の子の相手と家事と仕事を全部こなさなければいけませんでした。

上の子は元気いっぱいの男の子!

双子を妊娠しながら仕事に育児に過酷な毎日を過ごしました。

そこで私が妊娠中に利用していたものを紹介します!

(少しでも楽に健康に過ごせるために使っていました)

妊娠中に利用したもの

食材や生活雑貨が買える個人宅配システム

私が利用していたのは、「おうちコープ」の宅配食材です。

子供を連れての買い物、妊娠中の買い物が結構大変だったため、おうちコープで重いものや冷凍食品などを買っていました。レンジでチンして食べられるものやミールキッドなど、そんなに手をかけずに食べられるものは本当に重宝しました。

つわりで気持ち悪い時期などは、しっかりした料理が作れなかったので簡単に注文できて保存がきくおうちコープの食材は助かりました。

お米やお水なども重いものも家の前まで届けてくれるのでとても便利です。

生協の個人宅配【おうちコープ】

妊娠中だと入荷特典やママ割りが効いたので、お得に利用できました。

今でも離乳食に便利な食材が多く良く利用しています。

おうちコープが使えない地域は、「コープ・デリ」もおすすめです。

栄養バランスが整った宅食

つわりで食欲がなく夕ご飯が作りたくない時期には、宅食を頼んでいました。

自分は食べなくても子供にはしっかり食べさせなければいけません。

双子妊娠中は、単胎妊娠の時よりつわりが重く食事のにおいも受け付けなかったためこの時ばかりは夜だけ宅食を利用しました。

仕事から帰ってきて、頑張ってご飯を作るよりもその時間に少し休んで翌日に備える方が優先だと考えました。

ママの休食は、無添加なので妊婦さんでも安心して食べられるしバランスもしっかり考えられています。

ママの休食(きゅうしょく)公式サイト

妊娠中の栄養管理にもおすすめです!

産婦人科医推奨の葉酸サプリ

夜は宅食やお惣菜、つわりが治まってからは自分で調理してしっかり食事をとることができましたが、仕事をしていると朝とお昼の食事に不安がありました。

仕事柄、昼食の時間がバラバラになってしまったりちゃんと食べれる人そうでない日があったりしたので、必要な栄養がしっかりと採れているか心配だったので、妊娠がわかってから葉酸サプリを飲むようにしていました。

私が飲んでいたのは、産婦人科医も推奨するベルタのサプリです。

【ベルタ葉酸サプリ】

野菜もできるだけとるようには、心がけてはいたもののしっかり取れる日の方が少なかったです。

この葉酸サプリは、すごく多くの種類の野菜が凝縮されているので飲まないより飲んでいた方が「安心」で、自分を安心させるために飲んでいました。

たくさんの妊婦さんからの評価が良かったのも飲みはじめたきっかけです。

まとめ

近くに頼れる家族がいれば、つわり中や夜の食事だけでも実家などにお世話になるのが一番だと思います。

我が家の場合は、両親がともに遠方で近くに頼れる家族がいなかったため簡単に注文できる宅配システムや宅食を利用しました。

ワーママというだけでも朝から夜までやることがたくさんあります。妊娠中はできるだけ、無理をしないで休む時間をつくることが大切だと思います。

お金がかかることも多いですが、家族の健康には変えられないです。

私は頼れるもの、使えるものには頼ってなんとかワンオペ育児を乗り切りました。

体調が悪くなり、意識が飛びそうになったことも何度かありましたがなんとか気合いで持ちこたえましたよ!

妊娠中のママさんは、くれぐれも無理しすぎなようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です