奇跡の双子妊娠出産記録と子育てブログ

双子妊娠中はいつまで動ける?車の運転は?

多胎妊娠は通常の妊娠よりも早くお腹が大きくなったり、早めに産休に入ったりと通常妊娠とは勝手が違いますす。

出産準備や入院準備も早めに行う必要があります。

実際に「家事や車の運転はいつまでできるのか」

実体験をもとにまとめてみました。

多胎妊娠はお腹が大きくなるのが早い

多胎妊娠はお腹が大きくなるのが早いと言われています。

実際に私も妊娠中期に入った5ヶ月ぐらいからどんどん大きくなってきました。

初期の段階では単胎妊娠とそんなに大きな差はないと感じましたが、お腹が目立つようになってくるとその差は大きく同じ周期の通常妊娠のママと比べると比べ物にならないぐらい大きくなります。

妊娠後期には100cmを超えるぐらいに大きくなったというママもたくさんいますよ!

出産に向けての準備はできるだけ早めに終わらせておくようにしましょう。

家事ができるのはいつまで?

家のことは出産ギリギリまでできます。

ただお皿洗いはお腹が大きくなるとお腹が当たるので正面を向いてできなくなったり、洗濯物を拾うのも大変です。

私は少し早く妊娠24週で管理入院になりましたが、その前までは全部普通にやっていました。

妊娠中期に入るとお腹の大きさが気になって動くのが大変になってきますが、私はつわりの時期が一番大変でした。

正社員で仕事をしていたこともあり仕事終わりにくるつわりの症状の中、家事をこなすのがつらかったです。

大変でできないときはお惣菜を買ったり温めるだけで食べれるご飯などで済ませていました。

平日の家事は最低限しかしないで、あとは体力温存。

掃除などは週末などの休みの日にできたらやるぐらいの感じでした。

そんな時に、食洗機や乾燥機など便利な家電があればうまく利用できるといいですよね。

妊娠中も産後もしばらく大変な時期が続くので、便利なグッズは惜しまず購入しても良いと思います。

買い物に行けるのはいつまで?

買い物は重いものがなければ、毎週行っていました。

お米や飲み物は重いので夫に頼んだり宅配で頼んだりしていました。

長時間立ちっぱなしや歩きっぱなしは妊娠中期に入る頃から結構つらかったので買い物もさっと済ませていました。

管理入院の準備などは妊娠6ヶ月頃にしましたが、ショッピングセンターのはじからはじまで歩くのが大変で、休み休み買い物したりして準備をしましたよ!

妊娠中期には日によって体調が良い日と悪い日があったので、買い物は体調が良くて天気が良い平日(人が少ない時間)に行くようにしていました。

スムーズに買い物をするためにも人が少ない時間帯がオススメです!

車の運転はいつまでできる?

車の運転も管理入院の直前までしていました。

私の場合、妊娠25週では全然問題なく運転できていました。

双子妊娠の場合、妊娠後期にはいる妊娠8ヶ月の頃には普通の妊婦さんの臨月ぐらいのお腹の大きさになることもあります。

その頃には運転のしないほうがよさそうですね。

双子の場合には特にリスクも高いので妊娠30週ぐらいで出産になることもあります。

気をつけていても何がおこるかわからないので代わりに運転できる人がいるなら運転をお願いするようにできると良いと思います。

運転は意外と大きいお腹でもできてしまうので、頑張って出産前まで自力で運転したというママの話もたまに聞きますが、妊娠中は判断力も通常より低下しやすいので運転するときは十分注意するようにしてくださいね!

上の子の保育園の送迎や家庭環境によってやむおえず運転する場合もありますよね。

無理をしないのが鉄則

双子妊娠でも経過が順調であればほとんどのことができます。

多胎妊娠には安定期がないのでスポーツなどはNGですが、普通の生活であれば無理をしない程度にやって大丈夫です。

お腹の大きさは個人差がありますが妊娠6ヶ月頃まではある程度は動けましたよ!

そのあとはお腹が重くなるにつれてスタスタ早く歩けないとか前かがみがつらいとか行動の制限が増えていく感じです。

また、いつまで家事をするのかは家庭環境によっても大きく変わってくると思います。

上の子がいるとか実家が遠くて手伝ってくれる人がいないとかだと必然的にやらざるを得なくなりますよね。

私は自分が動かないと家のことが回らなかったので入院までは普通にやっていました。

(その代わり入院中に手伝ってもらえるように早めから遠方の家族にお願いしていました)

何より大事なのはママと赤ちゃんの健康です。

妊娠中はできるだけ周りの人の手を借りて便利なものは活用して「無理をしすぎないようにする」ことが大切です。

まとめ

多胎妊娠は情報も少なくわからないことが多いです。

近くに先輩の双子ママがいると心強いですよね!

お腹が大きくなってくると行動の制限や疲れやすかったり腰痛など様々な症状が出やすいです。

私の経験上「妊娠中は無理をしないこと」と「早めに入院準備・出産準備」を終わらせておくことはやっておいてよかったことです。

私のようにいきなり緊急入院なんてこともあり得るので、自分の体と相談しながら早めに準備などは進めておきましょう。

最後に私は双子の育児本を産後に読みましたが、妊娠中から読んでおけばよかったと思いました!

妊娠中のあれこれや産後のことまで載っていて、持っていると心強い一冊です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です