奇跡の双子妊娠出産記録と子育てブログ

はじめての突発性発疹!教科書通りの症状とは?

「突発性発疹」別名「不機嫌病」

子育てを経験している人はほとんどが聞いたことのある名前かもしれません。

経験したことのない人は「なにそれ?」という感じですよね!

上の子の時にはならなかったので、わたしは今回はじめて子供の突発性発疹を経験しました。

突発性発疹とは?

  • 大人の唾液から感染するウイルス性感染症
  • 生後4ヶ月から1歳までに90%の子がかかる
  • 3歳までに99%の子が感染する
  • 症状が出ない子もいる
  • 生まれてはじめての発熱の可能性が高い

突発性発疹の原因

健全な成人の唾液に含まれているHHV-7とHHV-6というウイルスが子供の口に入ることによって感染します。ほとんどの場合、両親の唾液から感染します。

3歳までにはほとんどの子が感染し、自然治癒します。

突発性湿疹の症状

突然、高熱(38度以上)の熱が3〜5日続き、解熱後に全身に発疹が現れます。

数日〜1週間ぐらいで発疹が徐々に消えていきます。

中には高熱が出る途中に熱性けいれんを起こす場合があるそうです。

突発性発疹になった時のこと

急な発熱だったので、最初は風邪かな?と思っていたのですが、小児科の先生から突発性発疹かもと言われ様子を見ていると、言われた通りの症状が出たため、すぐに突発性発疹だとわかりました。

発熱少し前から体調不良を訴える

なんだか機嫌が悪いなと思っていたら、やはり夜中になかなか眠れず発熱。

その後も体調不良でいつもより元気がない。

それでもミルクやご飯はしっかり摂取できたので、抱っこで寝かせて様子をみる。

(この時はまだ38度ちょっとぐらい)

夜に熱が上がりそうだったので小児科を受診。

(突発性発疹かもと言われる、座薬をもらう)

高熱が続く

翌日はさらに熱が上がり39度越え。

ミルクは飲めるけど辛そうなので座薬を使う。

いつもよりたくさん昼寝する。

解熱と同時に発疹がでる

発熱中は、咳や鼻づまりなど他の症状もなし。

高熱は三日目には下がり、無事解熱。

その後、発疹。

顔(少し)→体幹→顔(たくさん)→手足

の順でカラダ中に発疹が出ました。

不機嫌が続く

特にかゆみなどはないみたいですが、解熱後はとにかく機嫌が悪い。

いつもは顔を見たら笑う子が、顔を見るたびに号泣。

泣き叫ぶ。

泣きわめく。

「不機嫌病」と言われていることに納得する。

心配なほどに泣き叫びましたがみんなそうみたいなので抱っこで凌ぐ。

まとめ

はじめて突発性発疹を見ましたが、言われた通りの症状だったことに安心したのと同時に普段おとなしい娘が不機嫌過ぎて驚きました。普段は比較的にこにこしている子が何をしても泣くし、一日中機嫌が悪かったです。その中でもミルクがしっかり飲めて睡眠も取れていたので良かったです。

ちなみにこの突発性発疹、双子の一人がなりましたが、スプーンを共有してもくっついて一緒にいても全然うつりませんでした!これが二人同時だったら、本当に無理だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です