出産の時の入院にマタニティパジャマは必要?おすすめのマタニティパジャマ!

妊娠出産

妊婦さんが入院の際に着ているマタニティパジャマ。

とっても可愛いですよね!

でもマタニティパジャマは必ず準備をしなくてはいけないの?と疑問に思う人もいると思います。

わたしは一人目の時はマタニティパジャマは用意しませんでした。

しかし双子出産の時には管理入院があったのと双子妊娠はお腹周りが100cmを超えることもあると聞いて大きめのマタニティパジャマを用意しました。

マタニティパジャマが必要かどうかは出産する病院にもよります。

出産準備のリストで産院で貸してくれるところもあれば自分で用意してくださいと言われるところもあります。

わたしがはじめて出産した産婦人科では入院中の衣類は病院のものを用意してくれたため自分では購入しませんでした。

はじめての出産で自分で用意したのは

・産褥ショーツ

・授乳用ブラジャー

です。

わたしは使う期間が短いからと西松屋やバースデーで調達しましたが、可愛くて便利なのがたくさんありますね!

一人目の時には産後もふつうのパジャマで大丈夫でしたが、授乳期間は前びらきのシャツやゆったりした洋服が便利でした。

外出時に着れるようにと産後は何着か授乳口がついている授乳用の服を購入しました!

寒い日の夜の授乳はお腹を冷やさずに授乳できるので授乳口付きの洋服は重宝しました。

双子妊娠中は、早い段階からお腹が大きくなり始めるのと妊娠後期にはお腹がものすごく大きくなることを予想してマタニティインナーやマタニティウェアは早い時期から着用していました。

そして双子の出産に管理入院は付き物です。

双子は異常妊娠と言われ通常の妊娠出産に比べてリスクが高いため管理入院が必要になります。

双子出産時もパジャマは病院でレンタルすることもできたのですが、管理入院が長くなりそうなことと産後もしばらくは自宅で使えるので管理入院に向けてマタニティパジャマを購入しました。

管理入院のために用意したパジャマは3着です。

通常はMサイズを着ていますが妊娠してからマタニティウェアやパジャマはLサイズかLLサイズを購入していました。

とにかく締め付けが苦しいのでできるだけゆったりサイズを着用していました。

一人目の時は経膣出産でしたが双子は帝王切開の予定だったので、診察や産後の傷に当たらないようワンピースがおすすめだと聞いて丈が長いタイプやワンピースのものを購入しましたがこれは正解でした。

特にワンピースタイプは一枚でさらっと着れて締め付けもなく重宝しました。

産後はお腹の傷も痛かったので上下セットのパジャマはズボンのウエストの位置をずらして履いていました。

双子は生まれてからしばらく入院していたので産後すぐに直接授乳ができなかったのですが、退院後の授乳期間は授乳口付きのマタニティパジャマはとても便利だと思います。

出産後はしばらく3時間おきの授乳が必要です。たくさん飲めない子はもっと頻回授乳になる場合もあります。

そんな時マタニティパジャマがあったらとても便利です。

1ヶ月検診まではほぼ家の中で赤ちゃんのお世話をするので外出用の服は必要ありません。

出産後しばらくは授乳服や授乳口がついたマタニティウェアがあると便利です!

 

わたしがマタニティウェアや授乳服を購入したショップはこちら↓↓

マタニティウェアのエンジェリーベ

意外とあなどれないマタニティパジャマ!

このマタニティパジャマや授乳服が可愛いだけで着た時の気分も変わりますよ!

出産時だけ!と思いがちですが妊娠中や産後も長く使えます。

大切な我が子の出産時にお気に入りの洋服を用意できると良いですね!

きっと写真にも残りますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました