MMツインの妊娠出産記録と子育てブログ

子供をバイリンガルに育てる方法【英語を話せなくても大丈夫です】

子供をバイリンガルに育てたいという親は年々増えてきています。

子供が英語を話せるようになれば、将来役に立つのではないか?

幅広く活躍できるのではないか?と考える人は多いと思います。

と同時に、両親ともに日本語しか喋れないし大丈夫かな?と心配する声もあります。

そんな悩みにお答えします!

本文の内容

・子供をバイリンガルに育てる方法

・両親が英語を話せなくても大丈夫な理由

・子供の英語学習の進め方

 

実際にバイリンガルに育てた両親が実践した方法を紹介します!

私のまわりでも二か国語を上手に使い分けて話す子供たちがたくさんいますが、基本的な方法は同じです。

では、どうやって育てれば自然に英語が喋れるようになるのか解説していきます。

 

子供をバイリンガルに育てる方法

英語を耳に慣れさせる

まずは英語を耳に慣れさせることから始めます。

普段から英語の音楽を流しておいたりテレビで英語の番組をつけておくのが効果的です。

子供は言葉の吸収力や学習能力が高いため幼少期から英語を聞くことで、ネイティブの発音が聞き取れるようになってきます。

発音が聞き取れればそれを自分で発音することもできるようになるのでまずは耳を鳴らすことからはじめましょう。

 

親が英語で話しかける

もしどちらかの親が英語を話せるなら、とにかくたくさん英語で子供に話しかけることが効果的です。

いきなりわからない言葉でたくさん話すと子供が混乱してしまうので、最初は簡単な言葉からはじめて徐々に増やしていくのがポイントです。

両親がどちらも話せない場合は、子供と一緒に勉強していきましょう。

親がまず覚えて子供と一緒に発音してみてください。子供と一緒に学んでいく姿勢が大切です。

親子の会話に英語を取り入れて、子供に興味を持ってもらうことが大事です。

 

英語を無理に勉強させようとしない

最初から勉強させようと親が押しつけてしまうと子供が英語に対して苦手意識を持ってしまう場合があります。

早く習得してほしいという気持ちもあると思いますが、できるだけ子供の様子を見ながら、少しずつ生活に英語を取り入れるようにしましょう。

やらされて勉強するのと自ら興味を持って取り組むのでは全然、吸収力が違います。

子供が楽しんで無理なくできることからはじめてみてくださいね。

 

両親が日本語しか話せなくても問題ない理由

日本で育った両親なら日本語しか話せないのは当たり前のことです。

はじめは英語が話せなくても問題ありません。

 

実際に日本語しか話せない親でも、子供をバイリンガルに育てた親はたくさんいます。

親が英語を話せるかどうかが問題なのではなく、子供にどう接するのかが重要になってきます。

はじめはできなくても、子供と一緒に英語に慣れ、簡単なフレーズでも少しずつ覚えるようにしていきましょう。

子供は親と一緒に何かをするというのは嬉しいものです。

自分はやらずして、子供にだけ押し付けるのは逆効果ですよ!

なので、はじめはできなくても問題ありません。子供と一緒にがんばりましょう。

 

子供の英語学習の進め方

まずは家でできることからはじめてみるといいかもしれません。

英語の教育番組をみせる

外国の子供たちがみるような子供用の番組をみると言葉がわかりやすいです。

英語学習用の単語やフレーズだけをリピートするものもいいですが、実際にネイティブの子供たちが話している会話を聞いた方がより自然な英語が耳に入ってきます。

また教育番組だと、簡単な言葉や分かりやすい内容になっているため、子供も馴染みやすいです。

はじめは興味のあるアニメや映画などからはじめても良いでしょう。

英語の歌を聴かせる

英語の歌を何回もリピートして繰り返しきかせるのがポイントです。

日常生活の中でBGMとして流しておくだけでも効果がありますよ。

何度も繰り返し聞くことによって耳に馴染んできて口ずさめるようになります。

子供の耳はとても良いので聴いて覚える能力がとても優れています。

日本でも有名なきらきら星やドレミの歌など知っている曲だと覚えやすいですよ!

英語の絵本の読み聞かせをする

英語に慣れてきたら、簡単な英語の本を読むのも良いですね。

単語や簡単な分の本でも大丈夫です!絵をみながら楽しむでも良し。親が定期的に呼んであげることで英語を自然と覚えることができます。

簡単な本は読めるけど長い文だと難しいという場合は、CD付きの本を一緒に見るのも良いですよ!

英語のゲームをして遊ぶ

どんなゲームでも良いですがゲームをしながら学ぶのもひとつの方法です。

ローマ字を当てるゲームや海外のカードゲームでも良いです。

ゲームで使う英語は、自然と単語の意味がわかるようになってきますよ。

楽しむために必要な英語を覚えることはそんなに苦にならないでしょう。

テレビゲームをするようになると結構ハイレベルな英語を自然と使いこなす子も多いです。

英語サークルに参加する

地域でやっている英会話コミュニティーなどに参加すると、季節のイベントや遊びながら英語に触れ合う機会が作れます。

そこまで堅苦しいものではないので、楽しみながら英語を使うことができますよ。

子供が参加できるものも多いので年齢にあった集まりに参加してみるといいかもしれません。

大人の集まりに一緒に行くのも英語に触れるきっかけになりますよ。 

英会話スクールに通う

家庭外で学習する英会話スクールは英語の勉強をしているという安心感があります。

年齢やレベルにあったクラスで学習することで徐々に英語が身についていくでしょう。

自ら興味を持って楽しんで通えると良いですね。

最近はオンラインで授業を受けることもできるので自宅に居ながらにして勉強できます。

英会話スクールが楽しいと英語力が伸びるのが早いですよ!

まとめ

子供をバイリンガルに育てる方法、いかがでしたか?

子供が将来、海外でスラスラと英語を話しているところを想像してみてください。

活躍の幅が広がると思うと夢が広がりますね!

私の経験上、外国語を話せなくて苦労することはありますが、言葉が話せて損することはありません。

言葉を話せるということは生活していく上で学校の勉強よりも有益な場合もあります。

いきなり本格的に勉強しなくても音楽を聴かせるだけでも英語の耳になってきますよ!

 

こちらはバイリンガルに育てたママの育児法や実際に使ったものなどが載っています。

参考にしてみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です