MMツインの妊娠出産記録と子育てブログ

「オーストラリアで出会った日韓夫婦が多い」その理由は?

日本人と韓国人のカップルや夫婦。

世界中にたくさんいますが、意外と「出会いはオーストラリア」という話をよく聞きます。

ではなぜオーストラリアで出会うカップルが多いのでしょうか。

日韓夫婦がオーストラリアで出会う理由

日本人のワーホリの行き先、人気NO1!

オーストラリアは日本人のワーキングホリデー滞在先として一番人気があります。

南半球で暖かい地域でもあり、比較的治安も良く過ごしやすいため、語学留学や海外生活に憧れを持って渡豪する人がたくさんいます。

その中でも、特に海外に出たい日本人女性に人気があります。

ワーキングホリデーは、18〜30歳までの人を対象にした1年間、海外で勉強したり働いたり遊んだりと比較的自由に海外生活が送れる制度です。日本からは、オーストラリアやカナダなど25カ国以上にワーホリ制度を使ってビザの申請ができます。

(就学や就業には、条件があります)

ワーキングホリデーで海外に行くと学校に通ったりアルバイトをしたり、はたまた旅行に行ったりと自由に過ごせる時間がたくさんあり、日本とは違う生活スタイルを楽しむことができるのです。

オーストラリアは韓国でも人気!

オーストラリアは韓国でも人気の留学先だそうです。

なんと韓国では、留学やワーキングホリデーでオーストラリアに行く人が日本の4倍もいるそうです。

オーストラリアには日本人もたくさんいると感じますが、韓国人はもっと多いなんてびっくりしますよね!

アジア圏からたくさんの若者がオーストラリアに集まるのです。

はじめはみんな同じスタート

留学やワーキングホリデーで海外に行った場合、そのほとんどの人が同じところへ集まります。

都市はいくつかありますが、その都市の語学学校や寮などです。

はじめから英語がペラペラに話せればいいですが、ほとんどの人は語学を習得するためやその土地に慣れるために語学学校に入学します。

そこで、他の海外からきた外国人同士で交流する機会が生まれます。

特に多い出会いの場

語学学校

アジアでも隣の国同士の日本と韓国。

日本と韓国では、英語の語学レベルがほぼ同じです。

他のヨーロッパなどからきている留学生はレベルが高くはじめから中級以上のクラスになることの方が多いです。

文法や言語が全く違う日本と韓国は語学学校に行っても下のクラスに振り分けられることが多く、日本時と韓国人は同じクラスで一緒に勉強する機会が多いです。

すると授業でのコミュニケーションや休み時間などを通して仲良くなる確率が高いです。

シェアハウス

ワーキングホリデーで海外に行くとシェアハウスに住む人がほとんど。

シェアハウスといっても、ひと部屋丸ごと借りて自分だけの空間を大事にする場合やルームシェアといって誰かと同室で借りる場合があります。

シェアハウスでは、キッチンやリビング、シャワールームなどは共有なのでシェアメイトとの交流もあります。

シェアハウスによってはみんなでホームパーティをしたり、遊びに行ったりということもありますよ!

シェアハウスで海外の友達ができるということも多いです。

アルバイト先での出会い

ワーキングホリデーで海外に行った場合、アルバイトをしながら生活するということがよくあります。

英語が元ない日本人や韓国人のアルバイト先は、どうしてもアジア人が経営しているお店などで働くことが多くなります。

そこで出会った日韓夫婦もたくさんいます。

海外に行くと留学生やワーホリの仲間がたくさんできます!

現地の友達よりも外国人同士で仲良くなることがほとんどだと思います。

日本人と韓国人は仲良くなりやすい

海外生活をしていて感じたことは、やはり日本と韓国は似ているということです。

同じアジア人。

細かく言えば違うところはたくさんあるけれど、合う部分もたくさんあります。

食べ物の好みや上下関係がしっかりしているところ。

基本的な生活様式も似ています。

オーストラリアは特に多文化なためいろんな考え方の人がいるなか、日本人と韓国人は近い関係になりやすいのではないかと思います。

私の周りにもたくさんの日本人と韓国人のカップルがいましたよ!

まとめ

海外で出会って結婚した日韓夫婦はとても多いです。

その中でも「オーストラリア」とよく聞く理由は日本からも韓国からも人気の渡航先でさらに、20代の独身男女が大半を占めているということが大きいです。

日本から飛び出て新しい生活をする中での、たくさんの出会いは本当に人生の宝物になります。

その中で人生のパートナーを見つけられるのは素晴らしいことですよね!

意外とワーキングホリデーに英語を学びに行ったけど、英語よりも韓国語を習得してきたという話も聞きますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です