日韓国際結婚の手続きの方法

国際結婚

私達日韓夫婦が婚姻届を提出するにあたって、国際結婚の知識が全くなかったのでネットで調べ役所に提出書類などを確認し、想像していたよりも多くの日数がかかってしまいました。

国際結婚の場合、結婚届を日本と相手の国とどちらの国にも提出しなければなりません。

どちらか一方だけでは片方の国でしか結婚が認められていないことになってしまうので、必ず両国に提出することになります。その際、どちらの国でも必要な書類が何種類かあり翻訳が必要なものもあるのでしっかりと準備をする必要があります。提出先は、現地の役所か領事館及び大使館になります。

私たち(日本と韓国の夫婦)の場合

日本の市役所で提出したあと韓国の市役所に提出しました。

まず日本の手続きに必要なもの

  • 婚姻届
  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 戸籍謄本(本籍地以外の役所で提出する場合)
  • 韓国人のパスポート

☆韓国で用意するもの(領事館でももらえます)

  • 基本証明書
  • 家族関係証明書
  • 婚姻関係証明書

これらの日本語訳も一緒に提出します

※翻訳は自分たちでしました

  (ネットと翻訳機で簡単にできるので最後に翻訳者の名前を書けば大丈夫です)

これらを準備して日本の市役所へ

私たちの場合、一度書類を持っていき確認してもらってから、希望の日に再度行って提出しました。

(婚姻届を出す時に、苗字を同姓にするか別姓にするか選べます)

日本で婚姻届を受理してもらったら、韓国の役所に日本では結婚しましたという証明をするために婚姻届受理証明書を発行してもらいます。

戸籍謄本はすぐには反映しないそうなので、後日発行してもらいにいきました。

これで日本では結婚したことになりますが、韓国ではまだ未婚の状態です

次に韓国の市役所へ

(領事館でもいいのですが私たちは韓国に行って提出しました)

韓国の役所で必要なもの

  • 婚姻申告書
  • パスポート
  • 印鑑

☆日本から用意してくる書類

  • 婚姻届受理証明書
  • 戸籍謄本

これらの韓国語訳も一緒に提出します

※こちらも自分たちで翻訳可能です

これらをもって韓国の市役所へ

他に必要な書類は韓国の市役所で発行してもらえます。

韓国での手続きが終わると韓国での婚姻関係も成立です。

これでやっと両国で婚姻関係が成立しました!

日本なら紙1枚で出来ちゃうところを、国際結婚の場合は市役所に行ったり来たり翻訳したりと色々手間がかかります。

ただ、国内での紙一枚で成立する婚姻届よりも両国に提出する書類を作ったり現地の役所に出向いたりと手間や時間をかけただけ達成感はあるように感じました。

私たちは夫婦別姓にしたので免許証や銀行などの名前を変えなくて済んだのでそういった面では楽でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました