MMツインの妊娠出産記録と子育てブログ

【体験談】プーさんの6WAYジムにへんしんメリーが本当に役に立った!

新生児期からつかまり立ちまでの間、一番頼りになった育児アイテムは間違いなくコレです!

 

ベッドメリーの購入で迷っている人がいたら、迷わずこれをお勧めしたいです!

我が家では、本当によく使いました!

新生児期の赤ちゃんはずっと寝ている状態です。

寝ながらにしてなにか楽しめるものはないかな?かわいいものを見せてあげたい!という思いから、ベッドメリーを購入しました。

 

ベッドメリーは昔から代表的なベビー用品です。

赤ちゃんが生まれるにあたりベッドメリーの購入を考えている人も多いのではないでしょうか。

 

くまのプーさん えらべる回転6WAYジムにへんしんメリーの特徴

数あるメリーのなかでも、特に人気の理由!

このプーさんのメリーの魅力は新生児期からつかまり立ちまで長く使えるところです。

6WAYで、成長に合わせてメリーからジムに変えられるところが最大のメリットです。

普通のメリーは、ハイハイをする頃にはあまり興味を示さなくなってしまいますが、このメリーは1歳ぐらいまで遊べるようにできています。

ベッドメリー(0ヶ月頃〜)

ベッドメリーは、ベビーベッドに取り付けて使う方法です。

新生児期から寝返りができるようになるまではこの使い方がポピュラーだと思います。

ベビーベッドに寝ている間、赤ちゃんが寝た状態のまま楽しめるようベッドの柵に取り付けます。

優しい雰囲気のディズニーのキャクターが動いているのを見て楽しむことができます。

 

フロアメリー(0ヶ月頃〜)

お布団や床にマットをひいて寝かせる時には土台に取り付けてフロアメリーとして使うことができます。

お昼寝の時や日中リビングで過ごす時などは、ベッドがなくても直接床に置いて使えます。

土台がしっかりしているので、転倒の心配もいりませんよ。

フロアメリーとして簡単に持ち運んで使えるのも良いところです。

もともとベビーベッドを使ってない家庭では、フロアメリーとして活躍してくれますよ!

ベッドメリーとフロアメリーの付けかえも簡単にできます♡

うちの子はメリーが好きで、寝ながらぬいぐるみを目で追ったり、お気に入りのぬいぐるみを見つけてはニコニコ笑ったりしていましたよ!

ナイトメリー(0ヶ月頃〜)

プーさんのへんしんメリーには、ぼんやりライトと明るめライトの2段階の明るさのライトが装備されています。

暗い室内でも赤ちゃんが安心できるようにほんのり明かりをつけておくことができます。

また、夜中に部屋の電気をつける事なくおむつ替えや赤ちゃんの表情を見たりすることもできますよ。

光りも強くないので赤ちゃんを起こさずに作業したい時にはとても便利です。

 

おねんねジム(3ヶ月頃〜)

寝返りをはじめるとベットでじっとしているのが難しくなります。

その頃にはメリーを卒業して、ジムに形を変えるようにしましょう。

自分でモゾモゾ動いてみたり、興味があるものには手を伸ばして触ろうとしたりとだんだん自分で動けるようになってきます。

ジムになると人形との距離が近くなるので、手を伸ばして取ろうとしたり揺らして遊んだりできるようになります。

今まで寝ながらずっと見ていた人形なので、触れる距離になると喜んで遊んでくれますよ!

プーさんのぬいぐるみを引っ張ると音が鳴る仕組みになっているんですが、うちの子はそれが楽しくてひたすらプーさんを引っぱっていました!

 

おすわりビジー(6ヶ月頃〜)

腰が据わった頃からは、目線が変わり自分でボタンが押せるようになってきます。

本体のモードをビジーモードにしておくことで様々な音を出して遊ぶことができます。

うちの子は、いろんな音が出るのを面白がって何度もボタンを押して楽しんでいました。

はじめはボタンを押すこともむずかしいですが一度覚えるとしばらく夢中になって遊んでくれますよ!

 

つかまり立ちジム(8ヶ月頃〜)

ボタンが上向きになるように設置すると今度はつかまり立ちジムになります。

プーさんのジムはちょうどつかまり立ちを練習する赤ちゃんにぴったりの高さです。

木の土台を使ってつかまり立ちを始める子も数多くいます。

パネルを上向きにつけることで赤ちゃんが立ったままボタンが押しやすく音も出やすいという仕組み。

本当によく考えられてできています。

 

プーさんのへんしんメリーには、うれしい機能が満載!

メリーの回転の速さを変えられる

プーさんのメリーでは、ゆっくり・ふつう・ランダムと3種類変えることができます。

眠い時はゆっくりめ、元気に遊んでいる時はランダムなど状況に合わせて選べます。

少し前のモデルでは速さは一定でしたが、新しくなり赤ちゃんが飽きないようにランダム機能が搭載されました!

ちょっとした変化ですがずっと見ている赤ちゃんには新鮮な動きです!

ものを目で追う練習にもなりますよ!

メロディーや音の種類が豊富

このメリーには

クラシックや子守唄、童謡が20曲

プーさんの声や自然音が17種類

入っています。

他のメリーと比べてもとても種類が多く、メリーモードではランダム再生ができるので、飽きることなく聴くことができます。

ゆっくりな曲と元気な曲を、シーンによって使い分けられるのもうれしいポイントです!

ハンドトイとしても遊べる

人形を外せば、ハンドトイとしても遊ぶことができます。

プーさんとジャガーとピグレットのぬいぐるみは握ると独特の音がします。

赤ちゃんはガサガサという音が大好きですよね!

普段から眺めている人形をにぎにぎして遊ばせることもできます!

ちょっとしたお出かけに一緒に連れて行くこともできますよ!

ぬいぐるみは手洗い可能です!

汚れてしまっても大丈夫です♡

 

いちばん役に立った時期

うちでは、新生児のねんね期から歩くようになるまで1年ちょっと使用しましたが、いちばん助かったのは生後4〜6ヶ月ぐらいの時です。

寝返りを始めたぐらいから後追いが始まる頃です。

ちょっとした家事をするあいだなど、親の姿が見えなくなると泣くことが多かったのですが、このプーさんのメリーで遊んでいる間は一人遊びができていました。

ジムに変形すると上を向いても横を向いても馴染みのぬいぐるみがいて、揺らしたり音を出したりしばらくは集中して遊んでくれていたので本当に助かりました!

プーさんのへんしんメリーは、間違いなくママの味方です!

使ってみて良かったところ

とにかくいちばんは、成長に合わせて長く使えるというところです!

ベビー用品や赤ちゃんのおもちゃは使える期間が短いものがほとんどです。

成長に合わせて必要なものってすぐに変わってしまいますよね…

そんな中でも形を変えて1年以上使えるこのメリーはとってもお得で!赤ちゃんに寄り添った商品だと思います。

ねんね期からずっと見ているディズニーのぬいぐるみは、安心感がありますよね。

赤ちゃんのはじめてのお友達と言っても過言ではありません♡

 

使ってみて気になったところ 

私が使っている上で使いにくいと感じたところはほとんどありませんが、唯一めんどくさいと思ったのは電池の交換です。

毎日長時間使うと、電池の消耗も早くなります。

単2の電池を2本入れるのですが、このメリーを使っていた時は電池のまとめ買いをしていました。

お座りができる頃には、音楽より効果音を楽しむことが多くなるので電池の減りも気にならなくなりましたよ!

 

まとめ

わたしも、はじめベッドメリーを購入するときにはいろんな種類がありどれを買おうかと色々悩みましたが

常にベッドメリーのランキングで上位にあるこのメリーを買って

結果、大正解でした!

特別、プーさんが好き!というわけではありませんが、ぬいぐるみはとても可愛くできていて、赤ちゃんが認識しやすい色使いなので、ベッドに取り付けてもとても可愛かったです!

そしておもちゃの有名なメーカーであるタカラトミーから発売されているというところも安心できるポイントだと思います。

購入後のアフターフォローやトラブル対応もしっかりしてくれますよ。

なんにせよ、我が家では1歳までの育児で買って良かった育児アイテムNo1でした!!

くまのプーさん えらべる回転6WAYジムにへんしんメリーは子育てママのお助けアイテムだと思います!

店舗で買うよりネット買ったほうがお得に購入できますよ!

現在は下の子が使っていますが、お兄ちゃんが積極的に操作してくれます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です