バルセロナ市民の台所「サン・ジュセップ市場」

旅行

サンジュセップ市場

1836年創設の歴史ある市場。肉や野菜をはじめとしてお菓子やバルまで幅広く100を超える店舗が並んでいます。バルセロナの市民からは「Boqueria(ボケリア)」と呼ばれています。

Boqueria(ボケリア)の入り口

いつも買い物をする地元の人や観光客で賑わっています。

市場の様子

入り口付近にはお菓子やナッツのお店が並んでいました。

ナッツはカタルーニャ料理に欠かせない食材です。奥にはキャンディーやオイルもあります。

こちらはフルーツ。綺麗に並んでいます。珍しいフルーツもたくさんありました。



鮮魚コーナー。地中海で取れた新鮮な魚介類が豊富です。

生ハムやサラミなどいろんなお肉が並んでいます。

オリーブやピクルスです。スペイン料理によく添えられています。

市場の中ではバルや座って食事ができるお店もあるので気に入ったのもがあれば市場内で雰囲気を楽しみながら食べることもできます。小腹がすいた時や朝食にもぴったりです。

私はナスのチーズ焼きを食べました。帰りにフルーツも買って食べ歩きしました。

地元の人が行き交う市場。地元の人の食文化や生活が感じられます。

バルセロナに観光の際はぜひ足を伸ばして行ってみてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました