ガウディのアートが散りばめられた市民の憩いの場「グエル公園」

旅行

グエル公園

1900~1914年にかけて設立された公園。もともとはガウディが未来都市型の庭園住宅を作る予定でしたが計画は失敗に終わり、市に寄贈されて公園になりました。バルセロナ市街をみおろせる小高い丘にあります。ガウディの作品やアイデアがたくさんつまった有名な公園です。今ではバルセロナの市民の憩いの場となり観光客もたくさん訪れます。1984年にユネスコの世界遺産に登録されています。

公園のシンボル トカゲの噴水

グエル公園の入り口にあるトカゲのオブジェです。公園のシンボルとも言われています。

いろんな色のタイルでモザイク調に色付けされているのが特徴的です!

お土産やさんにはこのトカゲのマグネットやキーホルダーがたくさん売っていますよ。

トカゲの口は地下貯水槽の放水口になっています。

ギリシア劇場になる予定だったテラス 

公園中央にある波形のベンチが特徴的です

ここからの眺めはとてもきれいです。

バルセロナの街が見下ろせます。

このベンチもカラフルなタイルで様々な色や模様でデザインされています。

こんなおしゃれな公園が近くにあったら通いたくなってしまいますね。

ベンチの外側はこのようになっています 。

この柱は86本あり屋根を支えています。この下はホールになっていて当時市場になる予定だったそうです。グエル伯爵から建築の中にギリシャ神話を入れるように指示されたガウディは、この柱にもドーリア式の建築様式を取り入れています。犬の頭のようにデザインされているのは排水溝です。細部にまでデザインにこだわっていて本当に素晴らしいです。

ホールの天井にもタイルアートが!

公園のいろんなところにタイルのアートがあります。こちらはホール内の天井です。

色使いやデザインがかわいいものが多いです。

まるで別世界 ヤシの木と石壁

公園の上の方へ登ってくるとまるで別世界。

ヤシの木をモチーフにして作ったという高い石壁があります。

この下はちょっとした広場になっていてカフェもあります。

広場では音楽を演奏している人たちもいました。

洗濯女の回廊 

こちらも異空間です。いつの時代かにタイムスリップしたような感覚になります。

柱廊の傾いた支柱はヤシの木をモチーフにしているそうです。高低差のある園内を結ぶための陸橋として設立されました。

ガウディのたくさんのアイデアが詰まっているこの公園。この公園を散歩していると美術館にいるかのようにいろんな作品に出会えます。バルセロナ市民に混ざってベンチに座り景色を眺めるのも旅の思い出になるでしょう。

ガウディファンなら外せない見どころのひとつです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました