スマホで撮った子供の写真、どうやって保存する?子供の写真の保存法

子育て

子供の成長はとても早く、小さい頃のかわいい子供の写真をスマホで撮影することが多いと思います。どんどんたまっていく子供の写真、皆さんはどうしていますか?スマホで撮った写真は定期的にバックアップをしないと、壊れてしまったり失くしてしまったら全て消えてしまいます。そんな、子供の写真の保存法をいくつか紹介したいと思います。

データとして保存する

SDカードやUSBメモリに保存する方法です。最近は写真を撮ってもプリントをしない人が多いです。スマホで撮った写真をしっかり残しておくためにSDカードやUSBメモリに保存しておけば、場所を取らずに大量の写真を撮っておくことができます。さらにCDやDVDにコピーしておけば、間違って元のデータが消えてしまっても大丈夫です。データで保存するメリットは場所を取らないということと簡単に保存ができるというところです。

現像してアルバムにする

以前まではこの方法が一般的でほとんどの写真はプリントしてアルバムに整理して保存をしていたと思います。一枚一枚撮った写真を確認しながら、アムバムを作る作業はとても楽しいです。ですが、最近はスマホでもデジカメでも何枚でも簡単に写真が取れる時代です。数百枚、数千枚とたまってしまうとなかなか手をつけられなくなってしまいますよね。お気に入りの写真をピックアップしてプリントしてみるのもいいかもしれません。アルバムにしておくといつでもみることができますし、子供たちも自分の成長や思い出を振り返ることができます。アムバムにメモとしてその時の様子や感想を付け加えるとさらに振り返った時の記憶が蘇ります。少し手間はかかりますがプリントしてアルバムを作るのもオススメです。

スマホの写真なら、アプリで簡単にプリントの注文ができますしプリント料金も以前より低価格になっています。キャンペーンなどもたまにやっているので写真プリントもお得にできます。また、オムツを使う赤ちゃんはパンパースのポイントを貯めるとしまうまプリントの写真クーポンがもらえるのでクーポンを使ってプリントするのもいいと思います。

アルバム作りに自信のない人はアルバスというアプリがオススメです。毎月8枚(それ以上も可能)お気に入りの写真をアップロードするとましかくの写真が送られてくるので、それを収納するだけでオシャレなフォトアルバムが作れます。毎月8枚写真を選ぶだけなので、時間がない人やめんどくさがりやの人でも続けやすいと思います。送料込みで242円なのでコストもあまりかかりません。

フォトブックを作る

今では写真を現像してアルバムにしなくても、簡単にフォトブックが作れます。毎月枚数を決めて小さなフォトブックに残すのも記念になりますよね。また旅行に行った時に撮った写真を1冊のフォトブックとして残しておくのもいいと思います。スマホのアプリでリーズナブルにフォトブックがつくれます。トロットやノハナなどは人気のアプリです。遠くに住んでいるおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントや子供の成長を楽しみにしてくれている人へ毎月送っているお家も多いです。アルバムに入れる手間もなく手軽に作れるフォトブックも記録として保存するにはいい方法ではないでしょうか。

写真を家族で共有する

親のスマホで撮った写真をそのままにしておくとひとつのスマホでしか見る事ができませんが、写真共有アプリにアップロードすれば家族が誰でも見られるようになります。そうすれば元のデータが消えてしまったとしても他のスマホから見る事ができます。みてねというアプリでは写真を撮った日付や時間も表示できますし、月ごとの観覧もできとても見やすく自動で整理してくれます。アプリに写真をアップロードしておけば登録した家族みんなが見る事ができるのでそれぞれに送る手間も省けますし、好きな時にそれぞれがアプリで写真を見る事ができるので便利です。そういったアプリを使うのも写真整理のひとつの方法だと思います。

まとめ

子供の誕生とともにどんどん写真が増えていき、気づいたらスマホのデータがいっぱいということもあると思います。こまめに写真の整理ができればいいですが、子育てをしているとあっという間に時間が過ぎてしまいますよね。せっかく撮った子供の写真や動画を上手に保管するために自分にあった保存方法が見つかるといいですね。後から見返した時にいつの写真かわかるように日付を入れておくのもオススメです。かわいい我が子の成長する姿は、少しでも多く写真に残しておきたいものです。将来、子供と見返せるように大切に残せるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました