釜山絶景!波打ち際の崖にあるお寺「海東龍宮寺(ヘドンヨングンサ)」

旅行

今年の旧正月に釜山に行った時、初めて海東龍宮寺(へドンヨングンサ)に行ってきました。

f:id:harumarie:20190605145212j:image

釜山の街からは少し離れているのでなかなか行けなかったのですが子供も少しおおきくなったので今回はみんなで行ってみようということになり観光してきました。

海東龍宮寺(へドンヨングンサ)해동용궁사

海東龍宮寺は海雲台から20〜30分ほど離れた松亭(ソンジョン)というエリアにあり、海の岩場に建てられた珍しい寺としてとても有名です。波打ち際と寺院との融合が魅力的で釜山の人気観光スポットのひとつです。心からお祈りすれば必ず一つ願い事を叶えてくれると伝えられています。

海東龍宮寺への行き方

・電車とバスを乗り継いで行く方法

地下鉄2号線海雲台駅から181番のバス乗車で約30分

(バス乗り場は海雲台駅7番出口のすぐ横にあります)

・車やタクシーで現地まで行く方法

釜山中心部からタクシーで約40〜50分

海雲台駅からタクシーで約20分

・観光バスでのツアー

私たちは主人の韓国語の生徒さんが日本から来ていたので一緒にタクシーに乗って行くことにしました。海東龍宮寺は大通りから少し入ったところにあるのですが、現地付近はとても混み合いやすいため、大通りでタクシーを降り入り口まで10分程度歩きました。公共のバスで行く場合も大通りにバス停があるので少し歩くことになります。観光バスやタクシーは専用の駐車場やロータリーがあるので入り口付近まで行ってくれます。

海東竜宮寺観光

入り口には出店がたくさん並んでいて韓国の昔ながらの食べ物や雑貨が売っていました。飴やお餅など食べ物の屋台から唐辛子のキーホルダーや置物など観光客向けのお土産さんが多かったです。外国人の観光客も多くとても賑わっていました。都心部の観光地ではお店の人が日本語が使える事がよくありますが、この辺りでは完全に韓国語のみのやりとりになります。何か物を買う場合は、ボディランゲージか簡単な韓国語を少し覚えておくと便利だと思います。

海東龍宮寺(ヘドンヨングンサ)への順路です。

f:id:harumarie:20190605145410j:image

道なりに歩いていくと十二支の石像が並んでいました。今年は亥年。日本ではイノシシ年ですが、韓国ではブタ年になります。韓国語でブタ年は돼지띠 (デジッティ) となりますので記念に写真を撮りました。

f:id:harumarie:20190605143925j:image

さらに進むと金の大仏が見えてきて、その麓に寺院がありました。

私たちが行った日は旧正月の元旦当日だったのでお正月時様になっていました。

黄色の幕がとても目立っています。福という字は漢字ですね。韓国では主に中国の漢字が使われていますが、最近は漢字をなくしてハングルに統一していこうという流れになってきているそうです。ただ、人名や土地の名前はまだ漢字が定着しています。

f:id:harumarie:20190605143323j:image

黄色の幕には あけましておめでとうございます(新年福をたくさん受け取ってください) とかいてあります。韓国の新年の挨拶ですね。

雰囲気を大事にする方はこの幕がない時の方がいい写真が取れるかもしれませんね笑

本堂の他にも地下にお祈りするところやかわいいブタの撮影スポットなどがありました。

海沿いを進み橋を渡ります。橋の途中には三清池というスポットがありたくさんの石像や観音様が並んでいました。石像の前の池にみんなお賽銭を投げ入れます。仏像が持っている器にお金が入ると良いことがあると言われているので、みんな必死で投げていました。

さらに海沿いの道を進むとこの絶景です!

海東龍宮寺といえばこの景色ですよね。

f:id:harumarie:20190605143320j:image

青い空と緑の海に続く波打ち際の寺院、とても趣のある景色です。

こんなに海沿いにある寺院は本当にめずらしいですよね。

実際行ってみると景色や寺院の雰囲気もよく満足できると思います。

他にも日の出岩や得男佛(お腹を触ると男児を授かるといわれている)や学業成就のお地蔵さんもあり見所満載でした。

階段や凸凹道などもたくさんあるので歩きやすい格好で行くのがオススメです。

釜山に旅行の際はぜひ行ってみてください。

海東龍宮寺HP

해동용궁사

コメント

タイトルとURLをコピーしました